シェムリアップの絶対行くべきオススメ観光スポット5選【カンボジア旅行記】

カンボジア屈指の人気観光地シェムリアップの絶対行くべきオススメ観光スポット5選を紹介

初めて訪れる人は絶対に抑えるべき定番の場所になっています。

記事内容

カンボジア・シェムリアップの説明

シェムリアップのオススメ観光スポット5選紹介

各観光スポットの基本情報


今回の記事では

ユネスコの世界遺産の中でも有名なアンコール遺跡群の見所や

シェムリアップ郊外にある、天空の寺院とも呼ばれている遺跡と、天空の城ラピュタのモデルにもなったんじゃないかと噂されている遺跡の様子


他にも東南アジア最大の湖の見所なども含めて


実際に行ってどんな場所だったのか、写真や感想など詳しくまとめて紹介していきます。

初めてカンボジアのシェムリアップに行く予定の人は、是非参考にして下さい。

※今は新型コロナウイルスによって旅行は出来ない状態です。なのでエア旅行や終息した後の旅行の参考として見てもらえると幸いです。
ミャンマー旅行マンダレー観光

マンダレーを1日で巡ったオススメの観光スポットや移動手段を徹底解説していきます。1日だけのスケジュールで充実したマンダレー観光をしたい方に向けた内容です。記事で分かることマンダレーを1日で巡るオススメの観光スポットマンダレーで人[…]

マンダレーを1日で巡ったオススメの観光スポットと移動手段:ミャンマー旅行記

ミャンマー旅行バガン観光

バガンを観光してよかったオススメ観光スポット9選ピックアップとeバイク(電気バイク)のレンタル方法や現地の人に教えてもらった夕日が見れる穴場スポットなど紹介 バガンの観光を充実させたい方は必見です。記事内容バガンのお[…]

【ミャンマー旅行】バガンのおすすめ観光スポット9選:Eバイクをレンタルして巡ろう
 

カンボジアとは



カンボジアとは、西はタイ・北はラオス・東はベトナムと国境を接している東南アジアに位置している国です。

人口約1.500万人以上、首都はプノンペン、国民の90%以上が、クメール語(カンボジア語)を話し、多くが仏教(上座部仏教)を信仰しています。

 

シャムリアップとは

シェムリアップは首都プノンペンから約300㎞以上離れた、人口約18万人以上が住んでる

ユネスコ世界遺産にも登録されたアンコール遺跡群のアンコールワットがある事でも知られている街


シェムリアップの近郊には数多くの有名な遺跡などもあり

多くの旅行客やバックパッカーなどが訪れる人気の観光地になります。


遺跡以外にもパブストリートと言う繁華街などがあって

朝は観光・夜はパブストリートで食べたり飲んだり、買い物をしたりして楽しむことが出来ます。

バブストリート

 

そらでん
タイに行ったことある人なら分かると思うけど、カオサン通りに似ていたね!

 

日本からカンボジア(シェムリアップ)までのアクセス


日本からシェムリアップまで直行便はないので

どこかの国で経由して向かう事になります。

唯一直行便があるとすると、旅行会社のチャーター便になります。

これはツアーで参加しないと乗れません

航空券やツアーを探す

 

 

アンコール・トム

アンコール・トムのバイヨン寺院

アンコール・トムはユネスコ世界遺産にも登録されたアンコール遺跡群の一つで

世界的に有名なアンコール・ワットから北に位置している城砦都市遺跡になります。


アンコール・トムは城砦都市遺跡なので、周囲約3キロにも及ぶ範囲には、数多くの遺跡が点在

 

そらでん
写真の遺跡はアンコール・トムの中でも代表するバイヨン寺院なんだ

 

その中でも代表的なのがこちらのバイヨン寺院

アンコール・トムのバイヨン寺院


外見は芸術性が高く作り込まれていて、アンコール・ワットよりもゴツい感じ(そらでん的に見て)

そして


内部を巡った様子は、人の顔をした遺跡や

アンコール・トムのバイヨン寺院の内部


当時の歴史を描いた彫刻の絵(昔の戦争の様子だそうです)

アンコール・トムのバイヨン寺院の壁画の彫刻


などがありました。

他にもバイヨン寺院以外の遺跡も数多くあらるので、紹介して行きます。


まず年月をかけて出来た自然の芸術とも言える


木の根っこが絡みついた


タ・プローム遺跡

アンコール・トム タ・プローム遺跡

アンコール・トム タ・プローム遺跡 木の根っこ

 

アンコール・トムに向かう途中にある


南大門

アンコール・トムに向かう途中にある南大門


バイヨン寺院以外の廃墟と化した


ピミアナカス寺院

廃墟と化したピミアナカス寺院

ピミアナカス寺院を過ぎると現れる


像のテラス

像のテラス

そして、像のテラスの北側に進むと


そこには


ライ王のテラス

ライ王のテラスの彫刻の壁画


の彫刻の壁画が現れます。

アンコール・トムだけでもかなりの数の遺跡を周ることが出来ました。

正直、多すぎて途中でなんの遺跡を見て周ってるのか分からなくなるほどです(笑)

 

そらでん
しかし、他にも遺跡はあったけど全部は見て周る事は出来なかったよ

 

目次に戻る

アンコール・ワット

アンコール・ワット

カンボジアに来たなら絶対に外せないアンコール遺跡群の一つ

アンコール・ワット

元々はヒンドゥー教寺院だったが、16世紀の後半に仏教寺院に改修され

それ以来、今も上座部仏教寺院として使われているカンボジアのシンボルとも言える遺跡です。

そらでん
カンボジアの国旗にも描かれているからね


初めてアンコール・ワットを生で見た感想は、カンボジアの遺跡の中でもカッコよく別格的な存在感が漂う感じ!

だから門をくぐって

アンコール・ワット手前にある門


出た瞬間のアンコール・ワットが目に入ってくる様子は

門から出た瞬間に見たアンコール・ワット

アンコール・ワット


もう何とも言えない鳥肌が立つ光景でした!!

そらでん
イヤー1度はなまで見てもらいたい


次に、アンコール・ワットの内部を巡った様子ですが

中に入るには階段を登って行きます。

しかし

これがかなりの角度で


写真を見たら分かると思いますが

アンコール・ワットの内部に入る時に登る階段


この急な階段の角度(笑)


いやーただ急な角度ってだけならいいんですが

アンコール・ワットを登りきった時の高さ

高さも結構あるのでそうとう怖いです。

でも急な階段をのぼって建物に入ると


そこからは壮大な景色を一望できます。

アンコール・ワットの内部から見た景色


高い建物がないので余計眺めがよかったですね。(曇っていなかったらもっとよかったはず)


さらに、内部は広くて、途中には中庭見たいな空間があったり

アンコール・ワット内部


使われている寺院なのでお祈りしている人も多くいました。

アンコール・ワット内部


最後は帰りの途中にある


アンコール・ワットが映り込む池で写真撮影して終わりです。

ちなみに、ここが朝日を見るスポットとしても人気の場所になります。

アンコール・ワット 初日の出

 

そらでん
初日の出をここで見ましたよ

 

あとアンコール・トムとアンコール・ワットはセットで1日かけて巡る感じの場所なので

スケジュールは余裕持って訪れる事をおすすめします。

見応えはめちゃめちゃあるので!!!

 

目次に戻る

アンコール・ワット&トムの基本情報

時間帯

午前5時~午後17時30分

入場料金
※コール遺跡群に関するフリー券になります

1日フリーパスが37ドル
3日フリーパスが62ドル
7日フリーパスが72ドル

 

アンコール遺跡群の入場券の売り場

アンコール遺跡群の入場券の売り場

入場許可書の料金
【1日フリーパスが37ドル・3日フリーパスが62ドル・7日フリーパス72ドル】


アンコール遺跡群のフリーパス売り場

 

移動方法

①トゥクトゥク

シェムリアップからアンコール遺跡群をトゥクトゥで周る料金

短いコース15ドル
(アンコール・ワット、アンコール・トム、タ・プロームなどの遺跡を巡る)


長めのコース25ドル
(アンコール・ワット、アンコール・トム、タ・プローム、ニャック・ポアン、タ・ソム・プレ・ループなどの遺跡を巡る)

②タクシー

東南アジア版UberのGRABというアプリを使用すると安全にタクシーで観光することができます。

車のチャーター

車のチャーターは旅行会社を通じてオプショナルツアーで申し込みできます。


料金は日本語ガイド付きで、約25ドル~100ドルほどであります

 

旅行会社のツアー利用

海外旅行不慣れな人はこちらをオススメします。

しかし、結構ハードな移動になるので大変かもしれませんが

 

アンコール・ワット&トムの場所

目次に戻る

プレハヴィヒア寺院

プレハヴィヒア寺院

天空の寺院として有名な


プレハヴィヒア寺院


シェムリアップから車で片道約3~4時間程かかる
絶景が見れる人気の観光スポットです。

そらでん
タイとの国境を接している場所としても有名です


プレハヴィヒア寺院に向かうには途中で、専用の車に乗り換える必要があり

入場料10ドルとトラックの乗車料金25ドル、合わせて35ドル支払って


約20~30分かけて山道を登って行きます。

なんだかミャンマー旅行で行ったゴールデンロックに行く方法と似ていました。


その時に書いた記事がこちら⇩

ゴールデンロック記事

ゴールデンロックを1泊2日して観光した体験を元に、オススメな理由と観光方法を解説して行きます。内容はグループ旅行にオススメなゴールデンロック観光になります(もちろん1人旅にも参考になりますよ)記事内容ヤンゴンからゴールデンロックの[…]

ゴールデンロックは1泊2日がオススメ|観光方法と理由を解説【ミャンマー旅行記】


そらでん
バイクタクシーもあったけど危険だからおススメしないよ!


トラックで頂上まで登ると、後はプレハヴィヒア寺院の有名な絶景スポットまで歩いて向かうだけ

行く途中には至る所に寺院の遺跡があり

撮影しながら楽しく向かう事が出来ました!

プレハヴィヒア寺院

そして、歩くこと約20分ほどで


標高657mの断崖絶壁から眺められる有名な絶景が目に入ってきます。

プレハヴィヒア寺院で見た絶景


息を飲む光景でした。

それだけではありません


なんとここではビールも販売していて、この光景を見ながら飲むことが出来ます。

プレハヴィヒア寺院の絶景とアンコールビール


絶景で飲むビールは格別でした!!

 

プレハヴィヒア寺院を観光する注意点

プレハヴィヒアに行くには必ず上着を持参して下さい

山の頂上にあり風も強いので、カンボジアは温かいイメージありますが

寒いです!!


こんな感じの長袖を持参して行く事をお勧めします。

プレハヴィヒアの基本情報

時間帯

午前7時30分~午後17時30分

入場料金

10ドル(アメリカドル)

必需品

長袖の上着

 

プレハヴィヒア寺院までの移動手段

タクシー

東南アジア版UberのGRABというアプリを使用すると安全にタクシーで観光することができます。

②車をチャーター

ホテルに頼んで車を手配してもらうか、ゲストハウスなどのツアーに参加して乗り合いで行く方法があります。

もしグループ旅行なら日本で事前にオプショナルツアーを旅行会社に申し込んで、車をチャーターする方法がオススメです。

 

プレハヴィヒア寺院の場所

 

目次に戻る

ベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡

ここはあの宮崎駿監督が……

天空の城ラピュタのモデルにしたんじゃないかと噂されている遺跡

 

まぁ噂なのでホントかどうかは分かりませんが(笑)

そらでん
観光客の中には強者がいて、ロボット兵のフィギアを持参していた人もいたよ(笑)



ベンメリア遺跡は、シェムリアップから車で約1時間~2時間程かかるアンコール遺跡群の一つになります(しかしフリーパスは使えない場所)

ほとんどの建物が崩れていて、修復されずにそのまま残っている状態

しかし、それがベンメリア遺跡の魅力になっていて


まさに遺跡の廃墟感満載の巨大寺院になっています。

さらにベンメリア遺跡は森の中にあるので、天空の城ラピュタの世界をほうふつとさせる景色が広がっていました。

ベンメリア遺跡 ベンメリア遺跡

だからホントにモデルだったと言われても疑問に思わないほどです!

あと人気の観光地だけあって、道は整備されていて、巡りやすくなっていました(一部は歩きにくい場所もありますが)

ベンメリア遺跡 整備された道

 

ベンメリア遺跡の基本情報

時間

午前7時~午後17時30分

入場料金

5ドル(アメリカドル)

必需品

特になし

 

ベンメリア遺跡までの移動手段

①トゥクトゥク

料金の相場は20~40ドル(交渉次第)

時間にして片道2時間以上


②タクシー

東南アジア版UberのGRABというアプリを使用すると安全にタクシーで観光することができます。

 

車のチャーター

車なら片道約1時半ぐらいで到着します。

チャーターの方法は、ホテルに車を手配してもらうかゲストハウスのツアーに参加して乗り合いで行く方法があります。

グループ旅行なら旅行会社に頼んでオプショナルツアーを利用して、次紹介する観光地と合わせて巡って見るのもオススメです。


ベンメリア遺跡の場所


目次に戻る

トンレサップ湖

トンレサップ湖

トンレサップ湖は、シェムリアップから車やトゥクトゥで、約20~30分程で行く事ができる東南アジア最大の湖

ここでは、約100万人以上の人が水上生活をおくっています。


観光に関しては、ボートに乗り日本では見ることのできない現地の人の水上生活の様子を見学していきます。(大体2時間ほどのクルーズです)

トンレサップ湖に住んでいる地元の人らの水上生活の様子を見て トンレサップ湖に住んでいる地元の人らの水上生活の様子を見て

ちなみに、ボートクルーズはガイドさんも付いてきて、英語でいろいろと説明してくれます!!


そらでんは英語が分からないので何言ってるかよくわかりませんでした(笑)

そして


ボートクルーズの最後は食事やお土産などを売っている建物に立ち寄ります(ここが終われば後は帰るだけ)

 

こんなお土産がありました。

トンレサップ湖のお店にあったお土産

トンレサップ湖のお店にあったお土産

なんか東南アジアらしいお土産だなーって感じですね!

それとここは、ワニの養殖をしている所でもあるので


養殖のワニを釣る体験をすることができました(お金はかかりますが)

トンレサップ湖でワニ釣り

しかし、釣りと言っても


木の棒と餌の魚にロープを括り付けてるだけの代物

だから実際にはワニを釣る事は出来ません(釣れたら釣れたで困るけど)


でも迫力あるワニの捕食シーンを見る事ができるので

これは是非行った際はチャレンジして損はありません

かなり楽しめますよ!

トレッサプ湖のボートクルーズの料金はアメリカドルで30ドル


あと運転手とガイドさんにチップも支払います(約1ドルか2ドルくらい)

トンレサップ湖の基本情報

ボートクルーズの料金

30ドル(アメリカドル)

所要時間

1時間~2時間

必需品

特になし

 

トレッサプ湖までの移動手段

①トゥクトゥク

料金の相場は約10~20ドル(交渉次第)

時間にして片道約30分

②タクシー

東南アジア版UberのGRABというアプリを使用すると安全にタクシーで観光することができます。

車のチャーター

車なら片道約20分ていど

オプショナルツアーを利用して、ベンメリア遺跡と合わせて巡る事をオススメします。

そらでんはベンメリア遺跡に行った後にトレッサプ湖に行って観光しました。

 

トレッサプ湖の場所

 

目次に戻る

トゥクトゥク利用について

トゥクトゥクはあらゆる場所で走っています。

空いているトゥクトゥクを見つけたらドライバーに声をかけて値段交渉して乗り込む形になりますが

なるべくホテルやゲストハウスなどの宿が手配するトゥクトゥクを利用する事をオススメします(そらでんはこの方法で利用しました)


なぜなら警察に登録されている正規のドライバーになるので、非正規の流しのトゥクトゥクよりかは安全だと考えます。

 

そらでん
正規だからと言って、ぼったくって来る人もいるから要注意です。
 

まとめ:シェムリアップの絶対行くべきオススメ観光スポット5選【カンボジア旅行記】

アンコール・ワット

アンコール・トム

プレハヴィヒア寺院

ベンメリア遺跡

トレッサップ湖

以上が初めてシェムリアップに訪れたら絶対に行ってほしい定番の観光スポットでいした。

今は海外旅行は行けませんが、この記事がが少しでも気晴らしになったら幸いです。

では、今回はこの辺で!!

一人旅大好きそらでんでした(@WnyPTc6YDUJXVTz

そらでん
Twitterでは旅行&ダイエットinformationラボのブログ更新情報を発信中!!
気になる人は、そらでん(@WnyPTc6YDUJXVTz)のフォローよろしくお願いします。

InstagramとYouTubeもやっていてブログには載せていない写真や動画を載せているので

よかったらこちらもフォロー&チャンネル登録お願いします。

そらでんInstagram

そらでんチャンネル(YouTube)

PVアクセスランキング にほんブログ村

旅行関連記事

記事がありません。

シェムリアップの絶対行くべきオススメ観光スポット5選【カンボジア旅行記】
最新情報をチェックしよう!
>旅行&ダイエット情報発信ラボ

旅行&ダイエット情報発信ラボ

CTR IMG