白金酒造の石蔵ミュージアムで無料の酒蔵見学をしてきた!西郷隆盛も来た場所!

白金酒造の石蔵ミュージアム

 

でんでん
でんでん
どうも!でんでんです

鹿児島のお酒といったら焼酎が有名ですよね!

その焼酎が造られている酒蔵が無料で見学が出来ると言うことで行ってきました。

場所は鹿児島県姶良市にある白金酒造の石蔵ミュージアムという場所です。

見学以外にも面白い体験などもできたので紹介していきます。

 

鹿児島旅行を考えてる人

お酒が好きな人

歴史が好きな人

1人でも行ける酒蔵を探している人

家族ずれでも楽しめる場所を探している人

 

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]でわ!さっそく見ていきましょう[/word_balloon]

白金酒造の後にランチをした鹿児島県唯一の人気スープカレー屋さんはこちら          ⇩⇩⇩

白金酒造の石蔵ミュージアム

白金酒造の石蔵ミュージアムは、平成13年に登録有形文化財に登録された石蔵をリノベーションして、2017年10月にオープンした、全く新しい酒蔵になりす。

登録有形文化財

ここでは、明治時代から続く手造り焼酎の製造の見学や芋焼酎の歴史・西郷隆盛との関わりなどを学ぶことができます。さらに、子供でも楽しめる体験コーナーなどもあります。


[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]ちなみに白金酒造は鹿児島で最も古い焼酎の酒蔵なんだ[/word_balloon]

公式サイト:石蔵ミュージアム

石蔵ミュージアムの場所

 

白金酒造と西郷隆盛の関係
西南戦争の際には西郷隆盛が白金酒造の蔵の焼酎を全て買い占めて、戦場での栄養ドリンク剤、怪我を負った際の消毒液として使われていました。

 

石蔵ミュージアムの見学の受付

見学の受付は写真の売店の建物に入って行います。

売店・受付
酒蔵ミュージアムの受付入口

売店のスタッフに(見学がしたい)と言えばすぐに手続きもなく石蔵ミュージアムの見学を案内してくれました。

2階のミュージアムエリア

酒蔵ミュージアムの2階

 

まず案内されるのが、2階のミュージアムエリアになります。

ここでは焼酎の知識や体験、それに白金酒造と西郷隆盛との関わりを学ぶことができます。

 

最初にVRを使って芋焼酎が出来るまでの紹介動画を観ていくとになります。

VR

酒蔵ミュージアムのVR

 

VRが苦手な人もシアタールームで映像は見れるので大丈夫です。

シアタールーム

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]VRで映像を見ると間近で作業を見ている感覚になった!![/word_balloon]

VR見終わると、蒸留のしくみを学ぶことになります!

蒸留のしくみを体験

蒸留器の説明


ここではガラス瓶を使って蒸留のしくみを分かりやすく解説してくれました。

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]ちなみに蒸留で使われているのはハーブ水だって!焼酎の蒸留で使われるモロミは大人の事情で使えないんだ![/word_balloon]

次に、焼酎の手造り方法や麹の説明、それに白金酒造と西郷隆盛との関わりをパネルで学ぶことが出来ます。

焼酎の昔の作り方と麹菌


昔の作り方や麹菌の種類

昔の焼酎が出来る工程


[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” balloon_full_width=”true”]他にもステンドグラス作りなどのワークショップもあるから家族連れでも楽しめるよ[/word_balloon]


以上が2階で見学した内容です。

次に1階に降りて芋焼酎を造っている工場の見学になります。

芋焼酎の工場見学

今回訪れた時期は芋焼酎の仕込みをしていない時期でした。


なので、芋焼酎を造る設備や道具などの見学の様子をお送りします。

仕込みの時期は(9月から12月)になります。

その時期に訪れると、手造り芋焼酎の貴重な仕込みの様子や、モロミの発酵状態を見る事ができるそうです。

 

でわ!さっそく工場を見学していきましょう!!

 

まず工場内に入ると、目に入ってくるのがこの甕(かめ)

焼酎の一次二次仕込みをする壺


説明では一次仕込み二次仕込み、さらにモロミ(焼酎のもと)の管理をこの甕で行っていくそうです。

甕の中も見せてもらいました。


仕込みの時期じゃないので空っぽですが、これはこれで見る事ができて貴重なのかなって思います。

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]ちなみに甕がなぜ埋没しているか知ってるかい!?
理由は簡単で、地面の温度が一定であることから、保存がしやすく良質な焼酎を作れるからだそうだよ![/word_balloon]

 

次に案内されたのがこちらの温室です。

酒蔵見学

温室では甕に移す前の種付けされた麹を二晩かけて育てます。

この作業次第で焼酎の善し悪しが決まるので、管理が大変だといっていました。

そして最後に案内された場所が蒸留器になります。

白金酒造の蒸留器

 

ここでは蒸留器を使ってモロミから芋焼酎を取り出す作業を行います。

 

蒸留器の仕組み
二次仕込みのモロミを煮る→モロミから湯気が出る→湯気を冷却器で冷やす→冷えた湯気が液体になる→その液体が不純物の無い焼酎として出来上がる。


蒸留器で取り出された芋焼酎はその後、寝かして香りや味・アルコール度数を調整してから販売されるそうです。 

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]最初に蒸留器から出てきた焼酎はハナミズといい
かなりの高いアルコールを含んでいるらしいよ![/word_balloon]

ちなみに、白金酒造の蒸留器は日本でも数が少ない木樽蒸留器(きだるじょうりゅうき)を使って焼酎を作っている酒蔵です。

木樽蒸留器


なぜ木樽蒸留器が日本でも数が少ないか!?

理由は扱いが難しく、さらには作っている人が日本で一人しかいないからだそうです。

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]取り扱いを間違えると、木樽蒸留器は発酵した麹によって爆発するそうだよ!![/word_balloon]

以上が工場見学になります。

次は場所を移して売店の中にある試飲コーナーに向かう事に!!

焼酎の全工程:白金酒造

白金酒造の焼酎試飲

見学の最後は売店の中にある試飲コーナーで、白金酒造の焼酎を試飲して行くことになります。

酒蔵ミュージアム試飲

酒蔵ミュージアムの試飲

試飲の時はスタッフが一つ一つ焼酎の味の特徴や製造方法・材料など詳しく解説しくれました。

さらに好みの味を言えばその味に近い焼酎も出してくれるので、自分好みの焼酎も見つけることが出来ます。

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]試飲の時、焼酎の種類が多すぎて酔っぱらってしまう人もいるそうだよ[/word_balloon]

 

試飲で気に入った焼酎は売店で買って家に送る事も出来るので、荷物がかさばる心配もいりません

売店


ちなみにここでしか売っていない焼酎もあるそうなので、行った際は買ってみてはいかがでしょうか!

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false”]お酒が飲めない人でもソフトクリームや甘酒があるので楽しむことが出来るよ[/word_balloon]

以上が石蔵ミュージアムの酒蔵見学でした。

 

基本情報

見学料金基本無料
営業時間AM10:00〜PM5:00
定休日毎週水曜日、年末年始
TEL0995-67-1496

アクセス方法

JR富重駅から県道57号線の道沿いを歩いて約5分の所に石蔵ミュージアムはあります。
住所鹿児島県姶良市脇元1933
公式サイトhttps://ishigura-m.jp/


駐車場は23台(大型バスも可能)

白金酒造の駐車場

おわり

白金酒造の石蔵ミュージアムは様々な楽しめる要素があり、お酒好きも、そうでない人も楽しめる酒蔵見学ができます。

さらに、スタッフが親切丁寧に冗談も交えながら案内してくれるので、一人で行っても楽しむことができます。

 

鹿児島旅行の際は訪れる事を強くおすすめします。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!
>旅行&ダイエット情報発信ラボ

旅行&ダイエット情報発信ラボ

CTR IMG