国内&海外旅行のカバンの選び方とおすすめブランド7選(後悔しない為に)

国内&海外旅行のカバンの選び方とおすすめブランド7選(後悔しない為に)

国内&海外旅行のカバンの選び方とおすすめサービス紹介

国内&海外旅行のカバンの選び方とおすすめブランド7選(後悔しない為にも把握してカバンを選びましょう)

記事内容

国内&海外旅行のカバンの選び方

バックパック(リュック)とキャリーケースのメリット・デメリット

各航空会社の機内持ち込みの詳細

おすすめのバックパック紹介

キャリーケースのレンタル紹介

旅行の準備をする際、悩みの一つとして上げられるのが、旅行カバンの容量や種類(バックパック・スーツケース)メーカーを選ぶ事じゃないでしょうか!

特に海外旅行になると国内旅行よりも日数が多い上、国の環境(インフラなどの道)や旅行プランによってカバン選びが変わってきます。

そうなるとカバンを選ぶ悩みとして

「日数に対してどのくらいの容量のカバンなら大丈夫なのか?」

「バックパックとキャリーケースどちがおすすめか?」

「旅行カバンのおすすめのメーカーはどこ?」

「機内持ち込みがよくわからない」
などで悩むのではにでしょうか!

そこで!


国内旅行と海外旅行に分けて、適切な旅行カバンの選び方を


そらでんの経験を元に、おすすめの容量・種類・メーカーなどを紹介していきます。

さらに、カバンに関する利用したら便利なサービスと


機内持ち込みについて(LCCと普通の航空会社を分けて)どこよりも詳しく紹介していきます。

 

ちなみに、そらでんが使用しいるカバンは45L容量のバックパックになります。
理由としては
形の融通がききサイズを気にすることなく機内持ち込みが可能だからです。特に海外の空港だと荷物を預けたら戻ってこない危険性があり、リスク回避の為に機内に持ち込みが可能な45Lのバックパックを利用しています。

では、旅行カバンの選び方を見ていく前に!!


こちらが基本的な目安になっている旅行日数に対するカバンの容量です。

基本的な目安サイズ

1泊2日~3泊4日

3泊4日~5泊6日

5泊6日~7泊8日

10日以上

30L~40L

50L~60L

60L~80L

86L以上

※各サイトの基準を平均にしたサイズです

この目安は正直大きすぎるので、参考までにとどめる程度で大丈夫です。

では!

さっそく見ていきましょう!!

国内旅行のカバンの選び方

国内旅行のカバン選び方

国内旅行は正直、カバンの種類は何でもオッケーと思ってもらっても大丈夫です。

しかし、注意する点としてはカバンの大きさになります!

なぜなら移動手段に公共交通機関を使うと、狭い上に人気の観光地なら大勢の人が乗車してきます。そうなると大きい荷物で乗車していたら良い思いはされまっせん

それに日本のホテルの広さだと大きいカバンなど広げるスペースは確保しずらいと考えます。

Airbnbを利用して貸し切り宿泊をするなら別ですが

※Airbnbについて分からない人は国内Airbnbについて詳しく記事を書いているので読んでみてください

なので国内旅行に関しては、なるべくコンパクトなカバンを選ぶことをおすすめします。

 

参考に日数に対して、おすすめのカバンのサイズを紹介します。

1泊2日~2泊3日

・約20L~30L容量のカバン

国内旅行だと事前に準備する物も少なく、必要になればコンビニやスーパーで買って揃える事ができるので約20Lから大きくても30Lのカバンで事足ります。

冬なども服が分厚くなりヒートテックなども増えて、大きい方がいいんじゃないのって疑問もあると思いますが


そらでんが持ってる22L容量のカバンでも2泊3日分(冬用の服)は余裕で入ります。

このように

※中身は2泊3日分(上着二枚・下着各二枚・靴下2日分・ヒートテック上下1枚・アメニティ一式)

ちなみに、安いゲストハウスなどに宿泊する旅行なら、プラスバスタオルももって行く必要があります。(レンタルもありますが)

そうなると荷物量も増えますが

こちら

このスポーツタオル1枚あれば吸水・速乾・抗菌など高機能なタオルなので、洗濯しなくても繰り返し使う事ができ、荷物が増える事はありません

超おすすめです。

3泊4日~1週間

・45L容量のカバン

長期の旅行になると荷物の量も当たり前ですが増えます。しかし、45Lのカバンがあれば、国内旅行なら一週間分は余裕で入ります。


サイズ的にも45L ならそんなに大きくないのでおすすめです。

海外旅行のカバンの選び方

海外旅行のカバン選び方

海外旅行になると、まず国の環境や旅行プランによってカバンの種類を選んでいくことになります。

例えば
道などのインフラ状況が悪い国で、しかも宿泊場所の移動が多い旅行なら、道の状況を気にすることなく運ぶことができる
・バックパック

逆にインフラの道が整っていたり、宿泊する場所の移動があまりない旅行なら、荷物を簡単に出し入れができ、鍵がついていてセキュリティーが高い
・キャリーケース

など考えて選んでいきます。

次に、カバンの大きさですが

国内旅行と違い海外旅行になれば持っていく荷物が増えます。

日本でしか買えない物や長時間フライトの負担を軽減ずる便利グッズなどを持っていきます。(てか必要です!!)

長時間フライトの便利グッズに関する記事はこちら

長時間フライト便利グッズ13選

長時間フライトの便利グッズ13選を紹介していきます。持ち物と対策をして快適なエコノミーにしていきましょう! 記事内容ないと寝れない:安眠グッズ紹介忘れたら地獄:快適グッズ紹介むしろ楽しみになる:暇つぶしグッズ[…]

長距離フライトにおすすめな便利グッズ!これでエコノミーが快適になる

なので当たり前ですが海外旅行のカバンは国内旅行より大きめを想定して選んでいきます。

こちらがそらでんの海外旅行の時の日数に対するおすすめのカバンのサイズです。

2泊3日~3泊4日

・45L容量のカバン

45Lあれば余裕で3泊4日の荷物は収まります。それに帰りの荷物にお土産などを入れて帰れる余裕もあるので、おすすめです。


1週間~10日以上

・45L~70L容量

1週間~10日以上の海外旅行なら工夫をすると45L容量のバックパックでも行けます。

どのような工夫かというと簡単で、衣類関係は全て圧縮袋を使ってコンパクトに収納するだけです!

こんなもので

しかし、圧縮袋を使って工夫はしたものの荷物はギリギリだったので、60~70Lのサイズが10日間の旅行では理想と考えます!

 

2種類のカバンのメリット・デメリット

2種類のカバンのメリット・デメリット

バックパック(リュック)

メリット

  • 道の状況(未舗装・舗装されていてもがたがたな道・階段など)を気にする必要なく持ち運べる
  • 持ち運びの時に両手が使える
  • サイズが大きくても荷物の量によってはサイズの融通がきき機内持ち込みできる場合がある
  • 使わない時は場所を取らなくて済む

デメリット

  • キャリーバックより荷物の出し入れがめんどう
  • 外国など背中に背負うものなので盗難にあいやすいリスクがある

メリット・デメリットまとめ
バックパックは宿泊場所などの移動が多い旅行にオススメです。理由としては、砂利道・山道・階段・坂道などの環境だったとしても、気にすることなく容易に持ち運びができるからです。しかし、リュックなど背中に背負うカバンは海外など盗難にあうリスクがあるので、注意が必要になってきます。
 

キャリーケース

メリット

  • 荷物の出し入れがしやすい
  • バックパックより荷物を多く持ってこれる
  • 道などインフラが整っている国なら持ち運びが簡単
  • 待ち時間などキャリーバックなら椅子にできる
  • TSAロックがかけられるのでバックパックよりセキュリティーが高い

デメリット

  • サイズの融通がきかない
  • 道がガタガタ・砂利道・階段・坂道になると持ち運びが大変
  • 宿泊場所の移動が多い旅行に不向き
  • 使わない時も場所を取る
  • バックパックより壊れやすい
メリット・デメリットまとめ
キャリーケースは宿泊する場所の移動があまりない旅行におすすめです。理由としては、バックパックより多くの荷物を収納ができ、尚且つ鍵が付いている物なら手軽に防犯対策ができます。しかし、欠点として道の状況(砂利道・階段・坂道)次第で持ち運びが困難になったりします。

 

機内持ち込み荷物

機内持ち込み荷物

機内持ち込みサイズの基準の航空会社

LCC(格安航空会社)
【ジェットスター・peach・エアアジア】
普通の航空会社
【ANA・JAL・利用したことある海外の航空会社】
の基準で機内持ち込みサイズを紹介して行きます。
機内持ち込みまとめから見たい人はこちらからどうぞ➡(機内持ち込みまとめ

LCC(格安航空会社)

 ジェットスター・エアアジア

  • 機内持ち込み荷物数:2個
  • 重量合計7キロ以内
  • サイズ(56㎝x36㎝x23㎝の3辺合計が115cm以内)を超えない物

 PEACH

  • 機内持ち込み荷物数2個
  • 重量合計7キロ以内
  • サイズ(50㎝x40㎝x25㎝の3辺合計が115cm以内)を超えない物

合計サイズがジェットスター・エアアジア・peachなど極端なサイズでなければ基本3辺合計が115cm以内のカバンなら持ち込みは可能と考えます(飛行機もエアバスと同じ飛行機になります)

LCCの詳しい機内持ち込みに関しては公式サイトで確認して下さい。

※横にスライドします

普通の航空会社

 ANA・JAL

  • 持ち込み荷物の数:2個(内1つは財布や小物を入れる小さなカバン)
  • 重量合計10キロ以内
  • 荷物のサイズ(56㎝x36㎝x23㎝の3辺合計が115cm以内)を超えない物


 海外の航空会社

  • 持ち込み荷物の数2個(内1つは財布や小物を入れる小さなカバン)
  • 重量合計タイ航空の7キロ~最大でエールフランス航空12キロ以内
  • 荷物のサイズ(3辺合計が115cm以内)を超えない物

参考:ユナイテッド航空・エールフランス航空・チャイナエア・タイ航空

各航空会社の詳しい機内持ち込みに関しては公式サイトで確認して下さい。

※横にスライドします。

機内持ち込みまとめ

機内持ち込みサイズ
高さ・横幅・厚みの3辺合計が150㎝以内(ハンドル、キャスター含む)が、どの航空会社も基準になっていました。

機内持ち込み重量
・LCCなどは7キロ以内
・普通の航空会社は7キロ~12キロ以内
重量に関しては各航会社によって決まりがあるので、公式サイトで要確認が必要です。

機内持ち込みの数
大きい荷物1個・小さい荷物1個がどの航空会社も基準になっていました。

 

個人的な機内持ち込みに関して

普通の航空会社の場合、機内持ち込みに関しての重量のチェックは厳しくないです。しかし、LCCになると重量に対するチェックが厳しくなります。

特に成田空港ならジェットスターの厳しい重さチェックがあり、関西空港ならpeachの厳しい重さチェックが入ります。

ちょっとでもオーバーしていたら荷物を預けることになり、余計な料金が発生するので注意が必要です

バックパック(リュック)ブランド7選

旅行カバン紹介:バックパック※写真は実際に使用しているバックパックです。(容量22Ⅼ・45Ⅼ)

おすすめのバックパックメーカー一覧

※各メーカー名をタップするとメーカートップから見れます
※各項目の容量サイズをタップす目的の場所から見れます。

以上の7つの人気有名メーカーからバックパックを紹介して行きます。

ALPHA INDUSTRIES/アルファ・インダストリーズ

ALPHA INDUSTRIESは、アメリカ国防省(アメリカ軍)など高い性能基準が求められる政府機関に、これまで4000点以上の軍用ジャケットを納品してきた技術力と実績があるミリタリーブランドになります。

ちなみに、そらでんもALPHA INDUSTRIESのカバンを使用していますが

未だに破損することなく現役バリバリに使用しています。

1泊2日~2泊3日の短期旅行向け

カバンの特徴
スタイリッシュなスクエア型デザインを採用することで、無駄なデッドスペースなどを軽減し大容量の荷物が収納が可能に!しかも多数のポケットも兼ね備えているので、小物やノートパソコンなども便利に収納でき、簡易防水なので雨からアイテムを守ってくれます。

価格比較Amazon:5980円 楽天市場:5.980円
サイズと容量・容量22Ⅼ
・サイズ(タテ:51×ヨコ:28×厚さ:16cm)

メーカー一覧に戻る

PATAGONIA/パタゴニア

アメリカのアウトドア用品ブランドとして有名なPATAGONIA(パタゴニア)、オシャレでシンプルなデザイン性から、ファッションアイテムとしても人気を集めているブランドになります。

もちろんアウトドア用品としても機能性が高く、さらに環境や健康などにも配慮された素材を使っている事でも有名なメーカーです。

1泊2日~2泊3日の短期旅行向け

カバンの特徴
ショルダーストラップは人間工学に基づいて身体にフィットする設計。さらに600デニールのポリエステル生地は環境に配慮してリサイクル素材を100%使用。DWR(耐久性撥水)加工済みで耐久性がありながらも軽量な作りになっています。さらにメインコンパートメントの内部には約15インチのノートパソコンを収納できるパッド入りスリーブも備え付けられ、オールラウンドに適したバックパックになります。

価格比較Amazon:9.980円 楽天市場:9.980円
サイズと容量

容量25Ⅼ
・サイズ(タテ:45×ヨコ:24.5×厚さ:12.5cm)

メーカー一覧に戻る

 

COLEMAN/コールマン

キャンプ用品のメーカーと聞くと最初に思い浮かぶのが、コールマンではないでしょうか、高い技術力と老若男女問わず受け入れやすいデザイン!

しかもコストパフォーマンスも高く日本でもねずよい人気を誇るキャンプ用品のトップブランドです。

1泊2日~2泊3日の短期旅行向け

カバンの特徴
開口部はドローコードで絞るタイプになっており、簡単にアイテムを収納することが可能、さらに耐久性や防水性に優れたコーデュラ素材とクッション素材を使用する事で、型崩れや外部からの衝撃を防ぎ、外部には小物を収納できるオーガナイザーポケットや重さの負担を軽減するリムーバブルチェスト&ウエストベルトを採用しています。

価格比較Amazon:12.800円 楽天市場:12.800円
容量とサイズ・容量35Ⅼ
・サイズ(タテ:59×ヨコ:33×厚さ:19cm)

メーカー一覧に戻る

THE NORTH FACE/ザ・ノースフェイス

1986年に誕生したアウトドアブランドTHE NORTH FACEは、機能性とファッション性の高さから若者やバックパッカー(国内外をリュックで旅する人)の間でも人気があるブランドの一つです。


そらでんもTHE NORTH FACEのファッション性の高さに一目ぼれしてこちらのバックパックを購入しました。5年以上使用していますがALPHA INDUSTRIESカバンと同じく現役バリバリで使用しています。

1泊2日~2泊3日の短期旅行向け

カバンの特徴
シンプルなデザインでありながら収納はPC15インチ・B4などのサイズまで収納可能、フロントのファスナーポケットの中には仕切りがあり小物も整理して収める事ができます。さらにチェストベルトを採用しているので自転車も安心して乗れて、旅行以外でも通勤や通学などの日常生活にもおすすめです。

価格比較Amazon:8,180  楽天市場:8.800円
容量とサイズ・容量26.5Ⅼ
・サイズ(タテ:50×ヨコ:30×厚さ:21cm)

メーカー一覧に戻る

 

3泊4日~1週間の中期旅行向け

カバンの特徴
生地強度を高めながら軽量化を実現、雨蓋の容量を大きく変更し、フロントにレインカバー収納用ポケットを配備。通気性を持つバックパネルに、荷重を身体に近づけるスタビライザー連動のヒップハーネスを採用して負担を軽減、移動の多い旅行にピッタリのバックパックです。

価格比較Amazon:20.167円 楽天市場:20.167円
容量とサイズ

・容量 M:47L  L:48L
・サイズ M(タテ:64.5×ヨコ:30.5×厚さ:23cm)
     L(タテ:69.5×ヨコ:30.5×厚さ:23cm)

メーカー一覧に戻る

 

1週間~10日の長期間旅行向け

カバンの特徴
THE NORTH FACEチームクライマーと共同開発した60L容量の冬期用アルパインパックです。素材に強度の高いDyneemaリップストップファブリックを採用。アイスツールを収納するスリーブ類は、高強度ナイロン素材を使用。フレームシートやヒップハーネスの取り外しができ、シーンに合わせた軽量化が可能で、旅行のバックパックとしてもおすすめです。

価格比較楽天市場:39.600円
容量とサイズ

・容量60L
・サイズ(タテ:59×ヨコ:36×厚さ:25cm)

 

KARRIMOR/カリマー

イギリスのアウトドアブランドKARRIMORは1946年に誕生、世界に誇る名クライマーとともに共同研究を重ね多くの革新的な商品とファッション性の高いデザインで人気を集めているブランドになります。

1泊2日~2泊3日の短期旅行向け

カバンの特徴
B4サイズ対応のリュックサックは、小物の収納に役立つペン挿しやキーフック付きで、通勤・通学のバッグにも最適!PC対応のポケットも備えているので、電子機器を安心して持ち運べます。日帰り登山や野外フェス等、様々なシーンでおすすめです。

価格比較Amazon:15.180円 楽天市場:15.180円
容量とサイズ容量27Ⅼ
・サイズ(タテ:49×ヨコ:33×厚さ:28cm)

メーカー一覧に戻る

 

3泊4日以上の中期旅行向け

カバンの特徴
様々なトレッキングスタイルに対応するカリマー定番の中型バックパックです。背面システムには、3Dバックパネルを内臓しフィット感と安定性を高め、体が触れる部分には活性炭加工のエアメッシュを採用、吸水性や乾燥性に優れ快適に持ち運びができる作りになっていています

価格比較Amazon:24,750 円 楽天市場:24,750 円
サイズと容量・容量40Ⅼ
・サイズ(タテ70xヨコ32x厚さ26cm)

メーカー一覧に戻る

 

1週間~10日の長期間旅行向け

カバンの特徴
人間工学に基づいて設計されたパッド入りストラップは、フィット感と安定感を提供し、さらに背面のパネルシステムで快適な背負い心地を実現した登山用に作られた大容量バックパックになります。

価格比較Amazon:15.999円 楽天市場:16.718円
容量とサイズ・容量60+15L
・サイズ(タテ:75×ヨコ:30×厚さ:20cm)

 

MILLET/ミレー

バックパックブランド(MILLET)!フランスのブランドだけあって洗練されたデザインと機能性の高さから登山家などに人気のブランドになります。

3泊4日~1週間の中期旅行向け

カバンの特徴
快適性・機能性・耐久性はもちろんのことアウトドアや旅行などオールラウンドに適したトレッキングバックパックでアウトドアや旅行などのビギナーの人にオススメです。

価格比較Amazon:18,665 円 楽天市場:20.790円
容量とサイズ・容量40+5L
・サイズ(タテ:62×ヨコ:29×厚さ:20cm)

メーカー一覧に戻る

 

1週間~10日の長期間旅行向け

カバンの特徴
背中の蒸れを防ぎ乾燥へと促す快適性の高い高さ調整可能な背面システムを採用しています。さらにクッション性抜群のフォームに加えショルダーストラップによって、長時間行動でも快適に背負う事ができるバックパックです。

価格比較Amazon:28.710円 楽天市場:31.900円
容量とサイズ・容量60L
・サイズ(タテ:67×ヨコ:35×厚さ:23cm)

 

OSPREY/オスプレー

1974年に創設したアメリカのバックパックブランド(OSPREY/オスプレー)は、機能美と卓越した高性能を併せ持ち、クオリティーの高いバックパックを生み出し続けている信頼性の高いブランドになります。

3泊4日~1週間の中期旅行向け

カバンの特徴
通気性と快適な背負い心地を両立したバックパック【アトモスAG】は、革新的背面システム「アンチグラビティサスペンション(AG)」を採用、これは弾力性の高いメッシュ素材を立体的な設計を行い快適な背負い心地を追求した物で、アウトドアや旅行などビギナー向けにピッタリのバックパックです。

価格比較

Amazon:28.600円 楽天市場:22.999円

容量とサイズ・容量50Ⅼ
・サイズ(タテ:83×ヨコ:38×厚さ:39cm)

メーカー一覧に戻る

 

1週間~10日の長期間旅行向け


カバンの特徴
こちらはOSPREY(オスプレー) アトモスAG 50 S アビスグレー 【容量47L 】と同じタイプになります。容量が60L以上の大容量のバックパックです。

価格比較Amazon:31,900円 楽天市場:31,900
容量とサイズ・容量65Ⅼ
・サイズ(タテ:87×ヨコ:39×厚さ:41cm)

 

キャリーケースのレンタルサービス

キャリーケースは多くの荷物を入れる事ができますが、その分バックパックよりデメリットが多いのも確かです。

例えば

  • 場所を取ったり
  • 旅行中など破損しやすく修理にお金がかかったり
  • 丈夫で品質の高いキャリーケースを買おうとすると結構高額になったり(年に1回か2回しか使わないのに)】

しかし

キャリーケースのレンタルは、そのデメリットを解消してくれます。

 \キャリーケースのメーカー直営店のエース /

なぜなら
場所を取る
レンタルなので、使い終わったら返却するだけ(しかも送料往復無料)

破損して修理にお金がかかる
旅行中に破損してもレンタルならそのまま返却オッケーで修理代は一切かかりません!それに旅行保険で修理にお金はかからなくても、めんどくさい手続きを考えると返却するだけのレンタルはそれだけでメリットがあります。

高額な買い物
丈夫でいいキャリーケースを買おうとすると何十万もしたりします。しかし、今回紹介しているレンタル会社は、お手軽な値段で品質の高いエースブランドのキャリーケースをレンタルすることができます。
エースレンタル料金一覧
などこような理由から
・キャリーケースをあまり使わない人
・部屋に置く場所がない人
・旅行に行く時はオシャレで流行りのキャリーケースを使いたい人
にメリットが多いサービスになります。
もし興味があって詳しく知りたいなーって思った人は、エースオンラインサービスの公式サイトを覗いて見て下さい。
こちらで詳しいレンタル内容を見る事ができます。
 
エース製品以外のキャリーケースメーカーや他のトラベルグッズ(カメラ・Wi-Fi)などまとめてレンタルをしたい人は
こちらのDMMいろいろレンタルがおすすめです。

こちらも
・往復の送料無料
・破損しても修理代補償の安心サービス付き

に加えて
・キャリーケースのメーカーも豊富揃っています。

<<公式サイト>>
DMMいろいろレンタル
 

さいご

旅行カバンについて

旅行日数に対するカバンの容量や、国内と海外のカバン選び方の違い!

それにおすすめカバンのブランドとレンタルサービスを紹介してきました。

これから旅行でカバン選びに悩んでる人は是非とも参考にしてもらえると幸いです。

旅行中のカバンは唯一無二の相棒です。妥協することなく選んでもらい、快適な旅行を満喫してください。

では、今回はこの辺で!!

一人旅大好きそらでんでした(@WnyPTc6YDUJXVTz

 
でんでん
Twitterでは旅行&ダイエットinformationラボのブログ更新情報を発信中!!
気になる人は、そらでん(@WnyPTc6YDUJXVTz)のフォローよろしくお願いします。

 

Instagramもやっていてブログには載せていない写真もあるので

よかったらこちらもフォローお願いします。(でんでんのInstagram

PVアクセスランキング にほんブログ村

旅行関連記事

鹿児島の人気観光地【仙巌園】の見どころやお得なバスのアクセス方法などを紹介さらには周辺の人気観光地も紹介して行きます。

    でんでん 一人旅のプロ(自称)でんでんです。   鹿児島県の鉄板人気観光地【仙巌園せんがんえ […]

【車なし】桜島観光はサクラジマアイランドビューを利用してお得に満喫しよう

車なしでも大丈夫!桜島の観光はサクラジマアイランドビューの周遊バスを利用して満喫しよう!1日乗車券は […]

知覧特攻平和会館の感想や見どころを紹介【バスの詳しい行き方も書いてます】

日本人なら一度は訪れて欲しい、知覧特攻平和会館の見どころや感想を紹介!さらには、アクセス方法から入館 […]

知覧武家屋敷庭園の見所からバスのアクセス方法や無料駐車場の基本情報

【薩摩の小京都】知覧武家屋敷庭園の見所からバスのアクセス方法や無料駐車場などの基本情報をまとめていま […]

かごっまふるさと屋台村【地元の県民に聞いた】人気おすすめ屋台5選を紹介します

   でんでん グルメも大好き!一人旅のプロ(自称)でんでんです! 鹿児島中央駅近くにある【かごっま […]

国内&海外旅行のカバンの選び方とおすすめブランド7選(後悔しない為に)
最新情報をチェックしよう!
>旅行&ダイエット情報発信ラボ

旅行&ダイエット情報発信ラボ

CTR IMG