赤筋【遅筋】と白筋【速筋】ピンク筋【中間筋】のダイエット効果と鍛え方を解説

赤筋【遅筋】と白筋【速筋】さらに両方のいい所を兼ね備えたピンク筋【中間筋】のダイエット効果と鍛え方を解説して行く内容です。

記事内容

赤筋・白筋・ピンク筋の特徴とダイエット効果を解説

赤筋・白筋・ピンク筋の鍛え方

プロテイン紹介

3つの筋肉にはれぞれ違った特徴があり

  1. 赤筋は持久力に強い筋肉(脂肪を燃焼させる)
  2. 白筋は瞬発力が強い筋肉(糖を燃焼させる)
  3. ピンク筋は両方を兼ね備えている筋肉(両方燃焼効果がある)

このような違いがあります。


そこで、今回は3つの筋肉の特徴とダイエット効果の詳しい解説に加えて


3つの筋肉に関してどのような運動が適しているのか紹介して行きます。


筋肉の特徴を知る事で、自分に合うダイエット方法が見つかります!

赤筋の特徴や鍛え方が分かる

白筋の特徴や鍛え方が分かる

ピンク筋の特徴や鍛え方が分かる

ダイエットに優れている筋肉がどちらなの分かる

赤筋【遅筋】の解説

赤筋【遅筋】の効果解説

赤筋せっきんとは別名遅筋チキンとも呼ばれ、特徴としては筋肉に多くの酸素を貯め込み長時間の収縮運動を行う筋肉になります。

 

主に持久力が必要となる有酸素運動(ウォーキング・ランニング)に適している筋肉になります。

 

しかし、瞬発力を必要とする無酸素運動(ダッシュ・重量挙げなど)には向いていません

 赤筋がなぜ赤いのか!?
赤筋に含まれるタンパク質の一種【ミオグロビン】の色であり、ミオグロビンに鉄分が含まれている事で赤く見えています。

【目次に戻る】

赤筋【遅筋】のダイエット効果

赤筋は持久力を必要とする運動(ウォーキングやランニング)で主に脂肪をエネルギーに変えて燃焼する効果があります。


さらに運動後も持続的に脂肪燃焼効果が続く代謝に優れた筋肉で


これは赤筋に多く含まれる【ヘモグロビン・ミオグロビン・ミトコンドリア】による働きによるものです。

ヘモグロビン・ミオグロビン・ミトコンドリアの効果
タンパク質一種【ヘモグロビン】は肺に取り込まれた酸素を体内に取り込む働きをします。

取り込んだ酸素を同じタンパク質の一種である【ミオグロビン】が筋肉細胞の中にある【ミトコンドリア】まで運ぶ働きをしてくれ、

運ばれてきた酸素はミトコンドリアにより、脂肪と一緒にエネルギーへと変換して燃焼します。

さらに、酸素を多く取り込むことでミトコンドリアは増えて脂肪燃焼効率は上がります。
合わせて読みたい

3ヵ月で15㎏以上痩せたランニング(外・室内)のダイエット方法を記事にまとめました。ランニングで痩せないと悩んでる方やランニングマシンで痩せれるか知りたい人に向けた内容になります。記事内容ランニングの効果的な距離と時間一週間に行[…]

3ヵ月で15㎏以上痩せたランニングの効果的なダイエット方法を公開


【目次に戻る】

赤筋の鍛え方

赤筋を鍛えるには、軽い負荷の筋トレ(回数多くする)や有酸素運動で鍛える事が出来ます。

まず軽い負荷の筋トレなら

ハーフスクワット・軽量なダンベルで筋トレ・膝を付いて負荷を落とした腕立て伏せ

など回数を多くして鍛える事ができます。

有酸素運動なら

ウォーキング・ランニング・自転車・水泳

など30分~1時間ぐらいを目安に行って鍛えることができます。

ちなみに、有酸素運動などは1時間以上行うと筋力を落とす原因になるのでやり過ぎは禁物です。


【目次に戻る】

白筋【速筋】の解説

白筋【速筋】の解説と効果説明

白筋はっきんと別名【速筋そっきん】とも呼ばれ、特徴としては酸素の使用量が少なく、瞬発的に大きな力を出せる筋肉になります。

主に瞬発力を用いる無酸素運動(ダッシュ・重量挙げ)に適した筋肉になり、肥大化もしやすいことから、ボディービルダーの筋肉も白筋を中心に鍛えられています。

しかし、持久力がなく疲れやすい筋肉なので、有酸素運動(ウォーキング・ランニング)には適していません。

さらに、肥大化もしやすい分、鍛え続けないとすぐに小さくなる筋肉なので、手間がかかる筋肉でもあります。


【目次に戻る】

白筋【速筋】のダイエット効果

白筋が使われると脂肪に変わりやすい糖質などをエネルギー源として多く代謝します。

さらに、鍛えられた白筋は肥大化をして消費カロリーも多くなるので、基礎代謝も上がり

運動していなくても多くのエネルギーを代謝してくれます。

しかし、エネルギー代謝は高くても、白筋はヘモグロビン・ミオグロビン・ミトコンドリアなど赤筋と違って少なく


脂肪燃焼効はあまり期待できない筋肉になります。


【目次に戻る】

白筋の鍛え方

白筋の鍛え方は、無酸素運動なので鍛える事が出来ます。

無酸素運動なら

フルスクワット・重量のダンベル運動・負荷を掛けた腕立て伏せ・ダッシュ

など大きな負荷を掛け少ない回数で行うことが大事です。

注意としては、大きな負荷を掛けて行う運動なのでケガをしない対策をして行ってください。

筋トレのケガ対策方法も書いているので参考に見て下さい。

自宅で簡単筋トレ(ケガ対策もあります)

自宅で楽しく簡単に出来る効果的な筋トレダイエット12選マンションやアパートでできる簡単な筋トレと筋トレ器具を知りたい人に向けて書いた内容です。記事内容楽しく簡単に自宅で出来る筋トレダイエット紹介自宅(アパート・マンション)などで使[…]

自宅で簡単に出来る筋トレダイエット12選&おすすめ器具も紹介


【目次に戻る】

赤筋・白筋どっちがダイエットに向いてるか?

赤筋と白筋どっちを鍛えたらダイエットにいいか疑問に答える

赤筋も白筋も両方必要です。

赤筋を鍛えて脂肪燃焼効率を上げ、白筋も鍛えてエネルギー代謝も上げていく!

この二つをバランスよく鍛える事で、痩せやすくリバウンドしにくい体質になります。

【目次に戻る】

究極はピンク筋が理想

ピンク筋の解説や効果説明

赤筋と白筋を解説してきましたが、ダイエットに理想的な筋肉はピンク筋と呼ばれる中間筋が理想と言われています。

これは白筋から変異してヘモグロビン・ミオグロビン・ミトコンドリアなど


本来はあまり含まれていない白筋に多く含まる事によって出来る


白筋と赤筋の両方の機能を取り入れた万能型の筋肉になります。

さらに、ピンク筋は寝ている時も脂肪を燃焼してくれるダイエット中の人には嬉しい働きもしてくれます。

【目次に戻る】

ピンク筋の鍛え方

ピンク筋はスクワットで鍛える事が出来ると言われています。

参考にこちらの動画をどうぞ!1


世界一受けたい授業でピンク筋の鍛え方を紹介していた薪割スクワットのやり方はこちらになります。


【目次に戻る】

筋肉を鍛えるならプロテイン

効率的に鍛えるならプロテインを使って3つ赤筋・白筋・ピンク筋を鍛えるのが理想です。

関連記事プロテイン

 記事ではホエイ・ソイ・カゼイン・プロテインの解説とオススメプロテインを5つ選んで初めてプロテインを使ってダイエットをする人の参考になる内容の記事になります。記事内容3種類のプロテインの解説ダイエット効果の解説各種おすすめプロ[…]

ホエイ・ガゼイン・ソイプロテインのおすすめ各種5選:ダイエット効果も解説


しかし、プロテインは種類が多いこともあり、どれを買えばいいか分からない初心者の方もいるはず。

そこで、こちらの

HMB PROTEIN 18000を紹介

 

こちらのプロテインは、ピンク筋を必要とするスポーツ(プロサッカーチーム・プロバスケットボールチーム)なども愛用しているプロテインになります。

 
読者A
スポンサーだから愛用してるんでしょって思うけど

そう思うかもしれませんが、こちらのHMB PROTEIN 18000はアジアゴールデンスターアワード賞を受賞(優れた品質で革新的な商品に贈られる賞になります)

世界的にも認められたプロテインになっています!

それもあり、体を鍛えているインスタグラマーなどもこぞってこちらのプロテイン使っています。

 
読者A
じゃ品質がいい分味とかまずいんじゃないの!?

いえいえ!

そんなことありません

味に関しても

2018 iTQi 国際優秀味覚賞 受賞(iTQi優秀味覚賞はミシュランシェフやソムリエによって付与される、味に関する高品質を認める証)

このように味も世界から認められているプロテインになっています。

 
読者A
なら値段は高そうだね!

そこをつきますか!!

はい!品質がいい分こちらのプロテインは値段が高く3回以上の購入義務があります。

現在は一回目の購入で50%OFF(6000円が3000円)

お金の負担は多少は軽減されています。(2回目以降からも20%OFFで4800円で購入する事が出来ます)

それでも金額はそれなりにするので、金銭的に関して継続が難しい人にはお勧めできません

公式サイトで購入⇩⇩

 


しかし、金銭的になるべく安いプロテインで筋肉を鍛えてダイエットしたいと考えている人は、こちらのmy proteinをおすすめします。

公式サイトで購入⇩⇩


【目次に戻る】

まとめ

赤筋は有酸素運動むきの筋肉で脂肪燃焼効果あり、白筋は無酸素運動むきの筋肉でエネルギー代謝が高い。

究極は両方の機能を兼ね備えているピンク筋がダイエット中の人には理想


以上が赤筋・白筋・ピンク筋のまとめでした。

皆さんの参考になればと思います。

最後まで見て頂きありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

赤筋【遅筋】と白筋【速筋】究極のピンク筋のダイエット効果と鍛え方を解説
最新情報をチェックしよう!
>旅行&ダイエット情報発信ラボ

旅行&ダイエット情報発信ラボ

CTR IMG